2007年12月21日

Zohoオンデマンドサービスのプレゼンテーション機能「Show」に新版2.0(その3)  - ファイルのネット共有機能と編集 -


今回はZoho Showのファイルのネット上での共有機能を確認してみます。(その1)で書いた通り、共用・専用のプレゼンテーションの一覧として次のような構成で表示します。
・My Presentations
    * All
    * Private
    * Public
・Shared Presentations
    * Shared by me
    * Shared to me

通常に作成したファイルは、「Private」属性を持ちます。ファイルを開いた状態で、メニューの「Share」プルダウンメニューから「Invite...」をクリックして、下図のウインドウでファイル共有する「招待者」を「only view」ユーザと「view & edit」ユーザとして別にメールアドレスで指定します。「招待者」へ届いたメールに書かれたURLにアクセスすると、「招待者」Share属性によって別々の扱いとなります。尚、「招待者」もZohoにアカウント登録(無料)しておく必要があります。
ZohoShow2.0-Share.bmp(クリックで拡大)

「only view」の「招待者」は、「SlideShow」として見る事ができます。いきなり全画面でのプレゼンテーションとなるので若干驚かされますが・・・・・
「view & edit」の「招待者」は、所有者と同じ画面・操作が可能。共有のファイルを一旦閉じても、プレゼンテーション一覧の「Shared to me」に表示されるので、困る事はありません。


さて、所有者は一旦共有としても、ユーザ毎に指定解除などができます。また、共有している全てのユーザに一括して追加のメッセージを入れたメールを送る事もできます。
ZohoShow2.0-ShareDetail.bmp(クリックで拡大)

グループでの共有とは別に、全てのユーザに「only view」属性で開放する事ができます。前回はブログに埋め込む形での開放でしたが、今回はURLを使っての開放になります。
ZohoShow2.0-Publish.bmp

プレゼンテーションにクリックをすると次のページに進みますが、「SlideShow」形式で無いので、ページ前後への移動ができません。この場合には、ファイルに対するコメントも書く事ができます。

posted by 鎌倉太郎 at 02:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Zohoサービス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック