2007年12月15日

MPX3の最新版で、「MPXレコーダー」の「スクリーンの録画」機能の試行


先に、「MPX3の最新版が公開、スクリーン録画と再生中音声の録音が可能に」で、紹介した中にある:

・・・・・通常のWiondowsのウインドウに対しても、画面上の操作を録画する場合にも使えます。「キャプチャ設定」タブにある「マウスカーソルを記録」をチェックしておくと、カーソルの動きも録画されます。画面での操作を説明する資料などで動画を使う事ができます。
キャプチャ指定したウインドウの枠内に起動したアプリケーションのウインドウ内容も動画の中に取込めます。

という記述を実際に試してみました。

1.まず、iDesktop.TVでは、「Playlist登録操作方法」を録画してみました。
「マウスカーソルを記録」をチェックしておけば、録画の範囲をiDesktop.TVのウインドウとして簡単に録画できました。但し、iDesktop.TVのWebアプリケーション自体が重いのと、動画情報取得などでネットワーク時間が掛かる(更に、録音時のPCのMPUパワー不足?[Celeron 3.2GHz])などで、一部音声が途切れたりしています。これは、MPX3の録画性能とは関係ありません!!
iDesktopTV_PlayList(YouTube).bmp

録画は、画面のサイズでできますが、YouTubeに登録すると縮小されていますので、見づらいかの知れません。


2.Zoho OnlineのWiki機能では、新規ページ作成操作例を録画してみました。
Zoho OnlineのWiki機能では、「Create new page」を押下するとキャプチャしたいページがブランククリアされます。ウインドウの認識が新規ウインドウになったものと見做されるようです。その場合には、一度自動領域認識をさせてから、「キャプチャ領域を直接指定」にチェックしておきます。

その録画した動画をYouTubeに登録しました。
ZohoOnlineWiki(YouTube).bmp


posted by 鎌倉太郎 at 20:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-YouTube | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック