2007年09月23日

インカの遺跡「マチュ・ピチュ」と高い山の尾根


インカの遺跡「マチュ・ピチュ(Machu Picchu)」は、ペルーの世界遺産として有名ですが、高い山の尾根(標高約 2,057m)にある為、簡単に観光で見に行くという訳にはいきません。

そこでGoogle Earthでチェックしてみる事にしました。以下の手順で見られますが、特に視点の位置調整で、如何に厳しい尾根の上に作られているかがわかります。また、遺跡に至る道もハッキリと見る事ができます。
(今回は建物の立体化ではなく、山の盛り上りが立体的になっている点がポイントです)

尚、「マチュ・ピチュ」については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「マチュ・ピチュ」を見てください。

gEarthマチュ・ピチュ.bmp(クリックで拡大)

Google Earthを立ち上げた後の操作手順は以下の通りです。

手順:(操作の詳細はここを参照)
http://homenet.seesaa.net/article/55674294.html
1.ジャンプの入力エリアに「13 09'45.22" S,72 32'45.16" W」 と入れて検索アイコンの押下。
2.「レイヤ」の「建物の3D表示」をチェック(クライアントPCのMPUパワーやネットワーク環境によっては時間が掛かります)
3.視点・高さを調整
4.マウスのホイールで遠近操作できます。また、画面右上の北位置(「N」表示)を回転させて視点の位置を回してください。

マチュ・ピチュimage.jpg(クリックで拡大)




posted by 鎌倉太郎 at 21:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-立体表示 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック