2007年09月14日

JAXA 、「かぐや」打ち上げが成功!


種子島宇宙センターから月周回衛星「かぐや」(SELENE)/H-ⅡAロケット13号機(H-ⅡA・F13)の打上げが、予定通り9月14日10時31分01秒(日本標準時)に行われ成功しました。

関係者の方々にはお祝い申し上げます。


以下のURLで打上げの映像を見ることができます。
http://www.jaxa.jp/countdown/f13/index_j.html

かぐや打上げ成功.bmp
【かぐや打上げ成功】


打上げ成功で最初のステップは成功裏に通過しました。しかし、月周回衛星「かぐや」が成功したかは、本当はこれからのミッションが遂行できるかによります。

「かぐや」は主衛星(月周回衛星)と、2機の副衛星(リレー衛星・VRAD(ブイラド)衛星)から構成されています。主衛星は月付近に到達します。月に到達すると、高度100キロメートルの極周回円軌道に投入されます。リレー衛星は、その途中の遠月点高度2400キロメートルの楕円軌道に乗り、月の裏側の重力場計測のため、地上局と主衛星との間の通信を中継します。さらに、VRAD衛星が、遠月点高度800キロメートルの楕円軌道に投入されます。VRAD衛星は、電波を送信することで、月の周りの重力場を測る役割を担います。主衛星は約1年間運用され、その間に月の全球観測を行います。


次のポイントは月周回軌道に入って活動を開始した時点になります。

posted by 鎌倉太郎 at 20:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-月探査 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック