2007年08月25日

100選(3)日本の名水百選


1985年の環境庁選定による「名水百選」が好評であった事から、各省庁での「百名選」作りブームが始まったと言われています。
選定の目的・条件は、古くから地域住民の生活に融け込み、住民自身による保全活動がされてきたものを再発見し、広く国民に紹介する事で、これを通じ、国民の水質保全への意欲を呼び起こしたいとしています。
名水百選の一覧、各情報は下記のURL。
http://mizu.nies.go.jp/meisui/list/index.html


環境庁が選定した「名水百選」とは別に、鉄道と旅の写真家 南 正時氏が選定した「日本の名水百選」があります。
http://www.coara.or.jp/~teruaki/nippon/meisui1.htm



この他の水関連の100選としては、官庁の絡んでいるものが多いですね。

環境庁(現・環境省)と林野庁の後援のもと、緑の文明学会、グリーンルネッサンス、緑の地球防衛基金の3団体が主催した日本の滝選考会によって、日本国内から応募のあった517の滝から1990年に選定された「日本の滝百選」。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://www.kokusainohki.com/100/taki.htm


「水の郷」審査委員会等によって選定し、国土交通省が1995年に認定した「水の郷100選」があります。
http://blog.livedoor.jp/nihon_no_100sen/archives/50440612.html
100選と言いながらも、リスト上は107郷あります。


下水道が水環境の保全回復に果たしている事例を募集し、国土交通省(当時は建設省)が「甦る水100選」として表彰しています。
http://www.mlit.go.jp/crd/city/sewerage/rocal/yomindex.html

posted by 鎌倉太郎 at 15:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一覧-100選 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック