2022年12月03日

ハワイ島のマウナ・ロアの噴火状況


アメリカ地質調査所(United States Geological Survey)によると、ハワイ島のマウナ・ロア(Mauna Loa)の噴火で、亀裂(Fissure)3からの溶岩流の流出は減少していませんが、平らな地域にして進行が減速しています。亀裂4は未だ活発で傾斜に因り溶岩流が下っています。


亀裂及び溶岩流の12月1日 10:30 a.m.時点(現地時間)の状況です。



こちらは近くのマウナ・ケア(Mauna Kea)に設置しているジェミニ北望遠鏡(Gemini North)から撮ったマウナ・ロアの噴出映像ですが、光柱(Light Pillar)も捉えています。




posted by 鎌倉太郎 at 01:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック