2007年07月28日

我家のAVサーバからのTV視聴


我家のAVサーバは、NEC製のAX300(300GB)です。
基本的な使い方は前回に書きました。


クライントPCにインストールしたSmartVision/PLAYERからは、AX300のチューナー経由のリアルなTV番組を視聴できます。実際のTV画面で見ているチャンネルとは別のチャンネルの番組も、並行してクライアントPCで視聴できます。


クライアントPC上のSmartVision/PLAYERから認識できる、AX300のチャンネルの種類としては、(首都圏なので)NHK総合、NHK教育、ニッポン放送、・・・・・、テレビ東京、外部ライン1、・・・・、外部ライン3となっています。
次の画像参照。TV13CH~TV22CHはCATVの独自チャンネルです。

SmartVisionTV.bmp


我家ではAX300機器上での外部ライン1にCATV(のSTB)が繋がっています。

通常は各表記の放送チャンネルを指定しますが、外部ライン1を指定してSmartVision/PLAYERからTV番組を見ようとすると、リビングにある実際のTVと全く同じ映像を見る事ができます。ですから、リビングのTVのチャンネルを切り替えると、何もしなくてもSmartVision/PLAYER上のチャンネルも変わってしまいます。

AX300の外部ライン2/3にはビデオカメラなどを接続して、TV画面で旅行のビデオを見ます。そこで、SmartVision/PLAYER上のチャンネルを外部ライン2/3に設定すると、AX300に接続したビデオカメラの動画を、クライアントPCでも見られる事になります(実際には直接PCにビデオカメラを接続していますが・・・・)。

SmartVision/PLAYERから主に見ているクライアントPCは、Celeron 3.2GHZですから問題が出ません(若干乱れる時がある)が、Celeron 1.0GHZレベルのPCで見るのは困難です。
posted by 鎌倉太郎 at 00:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT環境-AVサーバ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック