2022年07月31日

朝顔について



アサガオ

アサガオ(朝顔、牽牛花、学名: Ipomoea nil、英: Morning glory)は、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物。日本で最も発達した園芸植物。古典園芸植物のひとつでもある。中国語で牽牛。日本では「蕣」の漢字も当てられる。

特徴

つる性。

葉は広三尖形で細毛を有する。

花は大きく開いた円錐形で、真夏に開花する。1輪の花は,外側からがく5、花弁5、おしべ5、めしべ1を有する。5枚の漏斗状の花弁は融合し、漏斗状になっている。それぞれの花弁の中央に、放射状の中肋(アサガオでは特に「曜」と呼ばれる)が走っている。子房は3つの子房室からなり、各子房室には2つの胚珠がつくられる。








ラベル:HTML・CSS
posted by 鎌倉太郎 at 23:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-Local/Webアプリ作成 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック