2022年01月21日

武漢肺炎で日本の新規感染者が急増中


武漢肺炎対策で「首相官邸HP」のワクチン接種状況(こちら)で、1月20日公表データによると2回の接種者が78.7%で1回の接種者が80.0%となりました(こちら)。1回の接種者が80.0%になった事で、2回の接種者も3~4週間の内には80%になる事が期待できます。3回目接種者は医療関係者などに限られていますが、我家関係の高齢者に3回目の接種案内が届きました(実際の接種は少し先ですが・・・)。

ワクチン接種(日本)screencapture-kantei-go-jp-2022-01-20_cut_s.jpg



所が年末年始の帰郷・旅行の影響か?新規感染者が急増しています。こちらによると1月20日の状況はこちらで、1日で4万6千人を越えています。

感染状況(01月20日)screencapture-nhk-or-jp-2022-01-20_cut_s.jpg


政府は今日21日から「まん延防止措置」を13都県(東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬、新潟、愛知、岐阜、三重、香川、長崎、熊本、宮崎)に適用をしますが、別に9日から適用している沖縄・山口・広島もあります。お互いに気を付けたい。



厚生労働省のこちらのデータでは、直近1週間(~1月18日)で10代~30代が多いのですが、その年代の死者数・重症者数が少ないです。

感染状況(日本)screencapture-covid19-mhlw-go-jp-2022-01-20_cut_s.jpg



武漢肺炎ウィルスのオミクロン株はこれまでよりも弱毒性ですが感染力が強く、無症状のうちに家族内に広まった例があったと云います。致死率が下がったと云えども(欧米と比べるとかなり少ないですが)十人以上の方が毎日の様に無くなっているので、消毒の徹底と3密の防止を心掛けたいと思います。



posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください