2021年04月30日

野口聡一宇宙飛行士が解説する、宇宙空間での宇宙服


JAXAの野口聡一宇宙飛行士など「SpaceX Crew-1」ミッションの4名の宇宙飛行士が搭乗する「Resilience」は、地球帰還に向けて現地時間(EDT) 4月30日 17:55(日本時間 5月01日 06:55)に国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)からドッキング解除をする予定です。



野口聡一宇宙飛行士は半年間ISSに滞在中多くの活動をしてきましたが、宇宙空間での活動内容や生活方法などを人々に知ってもらう情報活動も役割の一つになっています。今回は宇宙服についてYouTube番組から抽出掲載します。宇宙船内用(こちら)、ISS内(こちら)、船外活動(こちらこちら)で詳しく説明しています。










次の「SpaceX Crew-2」ミッションを行うJAXAの星出彰彦宇宙飛行士が既にクルードラゴン(Crew Dragon)「Endeavour」でISSに到着・搭乗しています。日本流に「タスキをつなぐ」引継ぎ儀式をしています(こちら)。




posted by 鎌倉太郎 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください