2021年04月28日

エジプトの東オワイナト地域の灌漑農業プロジェクト、地球観測衛星による進行状況


こちらは、エジプトの東オワイナト(East Oweinat)地域の灌漑農業プロジェクトの進行状況を地球観測衛星ミッション(ランドサットSentinel-2)で、1998年から2019年に亘り撮り続けたデータを基にしています。



緑の円型はセンターピボット灌漑(Center pivot irrigatio)に拠ります。水を取り込むヌビア砂岩帯水層(Nubian Sandstone Aquifer)は何千年もの間地下に貯蔵された化石帯水層(Fossil water aquifer)になっていて、東オワイナト地域の水は塩分が少なく栽培に最適です。小麦、ジャガイモ、大麦などの作物が、画像の右側に見えるシャルク・エル・オワイナト空港を通じて輸出されています。



posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください