2021年03月10日

3つの笑顔の斑紋を持つボールニシキヘビ


こちらの米国メディアCNNの記事によると、3つの笑顔の斑紋を持つヘビ「lavender albino piebald ball python」(こちら)が話題になっていました。



「Ball python」はボールニシキヘビです。「piebald」は"まだら"の意味で、「albino(アルビノ)」は先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体を意味します。最後に「lavender albino(ラベンダーアルビノ)」はこちらによると成蛇になると体色が薄紫色になるからだそうです。



今回の「lavender albino piebald ball python」も劣性(recessive) 突然変異(Mutation)ですが、鑑賞用に繁殖・育成されたもののようです。実際にボールニシキヘビはインターネット上でも販売されています(こちら)。手に載っている写真もありますが、全長100-150㎝(最大全長200㎝)にもなります。


posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください