2021年02月03日

Microsoft Formsを使ってみる(4)


前回は「Microsoft Forms」の質問の流れで分岐する機能を使って、複数に分けた質問の流れをブロック化しました。今回は「セクション」を作る事でブロック化の様子を単純にします。また質問や説明の中に画像や動画を入れる事ができます。最初の「セクション1」では他のセクションへの分岐を行います。分岐したセクションでは代表曲の動画を示して感想を求めるストーリーです。



先ず、分岐用の質問を作り、「その他」の場合にはそこに歌手名を入力する必要があるので、2番目の質問は「その歌手の好きな代表曲を教えてください。」としています(こちら)。




「+新規追加」で分岐先のセクションを作ります(こちら)。



このタイミングでそれまで「セクション」を意識しなかった分岐の質問事項等が「セクション1」とされます(こちら)。




最初の歌手の概要などを設定して、メディアアイコンを使って画像を挿入します(こちら)。



検索結果の画像を選択して「追加」すると(こちら)、こちらのような表示になります。これはセクションの説明に当たります。






次に、「+新規追加」の質問項目で代表曲の感想を求める動画を追加します(こちらこちら)。





同様に「セクション3」として残りの歌手の質問内容セクションを作ります。できたWebページ全体がこちら




「セクション1」の分岐指定を加えます(こちら)。



各セクションの最後の「分岐」は、今回の場合「フォームの末尾」に設定しておきます(他のセクションに移るなど高度な構造にする事も可能)。



「送信」として回答できるURLを入手し、回答の画面を表示した所がこちら



歌手を選択して「次へ」で歌手と解説の代表曲の動画を示して、感想を求めます(こちら)。



Webページ全体はこちら



感想を入力して「送信」とすれば終了します(こちら)。




大分長くなりましたので、「その他」を選択した時の流れは次回とします。
ラベル:Microsoft Forms
posted by 鎌倉太郎 at 18:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください