2020年11月05日

京都旅行2020年秋(3) 「京都迎賓館」(1)


京都迎賓館」は夕方からの貸切ガイドツアーでした。(写真などで見る)昼間の景色とは一味違う景色を見せてくれました。各部屋毎に詳しい説明をしてもらいましたが、内装や家具・調度品などは日本のおもてなしの気持ちを表現し、シンプルな造りの中で隠れた所や何気ない場所に贅を尽くすという京都建築の真髄を表しているとの事です。



正面玄関の車寄せがこちら



入口の両側にある白いものは、一般参観者用の下足入れです(ここでスリッパに履き替えます。VIPなど来客の場合は撤去)。



一般参観者は先ず地下駐車場エリアに案内され(セキュリティ理由で撮影禁止)、携帯品チェックや見学上の注意説明を受けてから、正面玄関から入ります。

先ず案内されたのが「夕映えの間」で、大会議室とされています(こちら)。




名前の由来は広い部屋の東西を飾る壁面装飾「比叡月映」(こちら)と「愛宕夕照」(こちら)。





但し壁面装飾は壁画ではなく、西陣織の中でも特に高度な技術を要する綴織(つづれおり)です(こちらを参照。原画は箱崎睦昌画伯)。




こちら螺鈿細工の飾り台。計4台あり、春夏秋冬を表しています。




さて部屋の照明を落とし、廊下側の障子を開けた庭の景色がこちら




右の明るい部屋は次回に投稿する「藤の間」です。
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-日本の旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください