2020年08月14日

観測衛星から見る地球の希望と課題(2) 商船三井わかしお座礁石油流出事故によるモーリシャス沖におけるオイル拡散


今や地球を周回する数多くの地球観測衛星(Earth observation satellite)があります。そのデータは日々蓄積されると共に、容易に参照できるようになりつつありますし、課題となり得る映像は公開されます。ここでは各種形態での映像・データなどを採り上げていきたいと思います。


今回は「商船三井わかしお座礁石油流出事故(MV Wakashio oil spill)」(こちら)に関連して、欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)が コペルニクス計画 の一環として開発した「Sentinel-2」によるモーリシャス(Mauritius)沖事故現場における8月11日時点のオイル拡散状況です(こちら)。





オイルの回収を進めていますが、多くの量が流出しています(こちら)。


posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください