2020年05月28日

大地と空が織りなす絶景(235) - ドイツのニーダーザクセン州にある湖の水面に映るISSの光跡


米国NASAのホームページに時々大地と空が織りなす絶景を映像として掲載する事があります。今回紹介するのはこちら

ドイツのニーダーザクセン州グスボルン(Gusborn)にある湖の水面に映る国際宇宙ステーション(ISS)の光跡:



光跡の左にはオリオン座、右には水星が輝いています。



実はサムネイルの写真はリンク先の写真を反転したものです。サムネイルの写真を拡大するとこちらですが、(水面と空のどちらを強調しているかを除いて)リンク先の写真と違いが分かりますか? 尚、この写真の操作は静かな水面に綺麗に映るのを強調したいWebサイト制作者によるものです・・・

posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-大地と空の絶景 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください