2020年05月15日

木星の月「エウロパ」のカラー高精細画像を公開


NASAのこちらの記事によると、木星の月「エウロパ(Europa)」を探査する2024年(2025年?)打ち上げ予定の「エウロパ・クリッパー(Europa Clipper、Europa Multiple Flyby Mission)」の観測の準備活動として、詳細な表面画像を準備し始めました。


木星とその衛星の探査について、NASAは「ガリレオ(Galileo)」を送って、1995年末から2003年9月にかけて観測しています。その時の白黒の高精細画像をベースに、低精細なカラー画像の色彩データを使って、カラーの高精彩画像としてマッピングしました。


今回はこちらの3か所を公開しています。



尚、カラーは人の眼で見たものではなく、水色 or 白色は比較的純粋な氷であり、赤みがかった領域は塩などの氷以外の成分が多く含まれている事を意味します。研究者は表面の形成過程を知る手掛かりにします。







エウロパについては、南極付近から水蒸気と思われる噴出を発見しており、まだまだ先の話しですが・・・探査の結果に期待をしたい。



ラベル:エウロパ EUROPA
posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 | Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください