2020年05月12日

懐かしの「ムービーメーカー」を使ってみる(4) 再生速度・音量の変更


今回は映像の再生速度を変更したり(つまりスローモーションとか早回し的な・・・)、音量の調整(ボリュームの大小変更)をした映像を作ってみます。



先ず素材とする映像は、こちらで紹介した「3D-Photo-Inpainting.ipynb」を使って作った動画を用います。BGMはこれまでと同様に「フリーBGM・音楽素材MusMus」さんから借用します。画像は「早朝散策」で植栽の花として掲載した写真を使います。



早速、映像と写真を登録しクレジットの追加をした所がこちら


尚、タイトル画面に「3D写真」の原写真を使いキャプションでタイトルを示しています。



ここで「3D写真」は6秒動画である事が分かります。再生速度の速さが変わっている事が分かるように、1つの素材動画を3つ並べる事にします。動画を選択した状態で、メニュー「ホーム」のクリップボードを使ってコピーした所がこちら




各々の動画に対してビデオツールの編集「速度」を使って再生速度を「0.5」→「2.0」→「1.0」とします。各動画にはその再生速度を明示するキャプションを付けています(こちら)。




さてBGMを追加し、カーソルを動かして音楽ツールのオプション「分割」で各動画毎に切ります(こちら)。



音楽ツールの「音楽ボリューム」を使って倍速度に合わせ、「2倍速」であれば音量を通常より大きくし、「0.5倍速」なら低くし設定します(こちら)。


BGMの最後だけはフェードアウト指定しました。



以上をすべて反映したのがこちら



前回は動画の音声とBGMの音量が重なっている場合に、「ビデオの強調」を使う事でBGMを抑えようとしました。今回の機能を使えば、BGMの1曲の範囲を分割して動画に対応する部分の音量を下げる事でも実現できます(こちら)。



適用した結果がこちら

posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 体験利用-ビデオ編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください