2020年04月27日

Microsoft Launcher(1) ホーム画面


Android上の「Microsoft Launcher」の評価が良いのとWindowとの連携を確認する目的で、Android(Ver 6.0.1)タブレットから「Microsoft Launcher」(Ver 5.11.4)を使ってみます。

先ず、Googleストアから「Microsoft Launcher」をインストールします。初期設定の過程でこちらの様に設定画面が出ますが、位置付けも余り分らない段階では気にせずに取り敢えずの設定をしておき、後で設定変更する事にします。




こちらで左の画面がホーム画面です。特に上部3分の2ほどは特にホームと呼んで領域を指す時に使います。下3分の1に検索バー、残り下部をドックといいます。右のアプリ検索の画面でホームに入れたいアプリのアイコンを長押ししてから「ホームに追加」を選択します。




アプリを追加していくとこちらの中央及び右の画面の様にホームが複数ページになる事があります。左右へのスワイプで移動できます。尚、左にスワイプしていくと、ホーム画面よりも左に画面が出てきますが、これ(こちらの左画面)をフィード(画面)と呼んでいます。



フィードについては別途投稿しますが、スケジュールや覚書、ニュース情報などを作成・参照できます。



「Launcherの設定」アイコンから各種設定・変更ができます。こちら(の中央及び右画面)ではホーム画面関連のカスタマイズが可能な事を示しています。



但し、ホームでのアイコン数の設定では注意が必要です。こちらの様にホームで表示するアイコンの数は(現状?)1ページ当たり 5×7 で固定になっています。 6×8 とした時は右及び下に空白ができ(左端の画面)、 4×6 とした時は右端の列及び下端の行のアイコンが欠けます(中央の画面)。右端画面で 5×10 の様に行数だけを増やして何か壁紙の中央部分を強調して見せたい場合ば別ですが・・・




次回は壁紙の設定変更などを行います。



posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 | Comment(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください