2020年04月18日

Microsoft Edge 81(安定版)が公開 - 「コレクション」の活用【改訂】


今回はMicrosoft Edge 81.0(安定版)で、「コレクション(Collections)」の管理機能を使ってみます。



Microsoft Edgeで「コレクション」の一覧を表示時している状態で、コレクションの1つに右クリックメニューにより(こちら)、全ての登録ページを(必要により別ウィンドウの)別々の新しいタブで表示する事ができます。



1つのコレクションの登録ページの一覧を表示している場合には、選択したページを開いているタブに表示できますし、右クリックメニューから(必要により別ウィンドウの)新しいタブに表示できます(こちら)。



またコレクション名の右にある「・・・」を選択すると、クリックしたメニューで「すべて開く」機能の他に、ページ一覧の情報を「コピー」する機能があります(こちら)。



「すべてコピー」ではクリップボードに以下の内容をセットします。

綺麗な銀河・星雲(1233) - はくちょう座(Cygnus)にある散開星団「M29(NGC 6913)」: 我家のIT化
http://homenet.seesaa.net/article/474582308.html

綺麗な銀河・星雲(1177) - はくちょう座(Cygnus)にある惑星状星雲(Planetary nebula)「NGC 7048」: 我家のIT化
http://homenet.seesaa.net/article/473412637.html

  【途中略】

綺麗な銀河・星雲(921) - はくちょう座(Cygnus)にある原始星「IRAS 20324 + 4057」: 我家のIT化
http://homenet.seesaa.net/article/464562455.html



ここでのメニューからはクリップボードにセットするのとほぼ同じ内容を Word や Excel に保存できます。ここまではデスクトップPCで操作しましたが、Officeソフトをインストールしている「Surface GO」で、別コレクション「テスト」を作り Excel に転送・保管する操作をしました。

保管した内容は「OneDrive」のフォルダ内に蓄積されました。それをデスクトップPC側のブラウザで内容表示した所がこちら



「リンク」の列ではドメインだけの表示ですが、実際にクリックすると別タブに対応ページを開きます(こちら)。



ここで注意して欲しいのはコレクション一覧にコレクション「テスト」が追加されている事です。これは Microsoft Edge 間でコレクション情報の同期がなされている為です。

同期の設定は、「設定」→「プロファイル」→「同期」内にある「コレクション」をオンにする事で行われます(こちら)。



≪追記≫
コレクションに登録されたページから選択したページだけを「コピー」する事もできます(こちら)。




【改訂】 2020年04月18日 18:15 追記



posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください