2020年04月05日

GIFアニメの作成・編集「ScreenToGif」(4) 異なるサイズの追加フレーム


前回に
   「追加のフレームのサイズが既存のプロジェクトファイルにおけるフレームサイズと異なる場合、・・・・・このまま進めると追加のフレームサイズは適宜調整されます。」
としましたが、今回はどのように調整するかを確認するのが目的です。



これまでのGIFアニメから一部を抽出して「既定ファイル」とします(こちら)。

ScreenToGif_0401_Opera_20200330_04Gif_forTest.png



最初に極端に横長のフレームで先頭への追加キャプチャします(こちら)。

ScreenToGif_0402_s.jpg


結果がこちら

ScreenToGif_0403_Opera_20200330_04Gif横長大_前挿入.png


既定ファイルの最後に追加キャプチャしても基本的に変わりません(こちら)。



次に既定ファイルのフレームサイズより極端に縦長のフレームで追加キャプチャします(こちら)。

ScreenToGif_0405_s.jpg


結果がこちら

ScreenToGif_0406_Opera_20200330_04Gif_縦長大2.png



同様に縦横共に既定ファイルのフレームより大きなサイズを指定した結果がこちら

ScreenToGif_0407_Opera_20200330_04Gif_全体拡大2_s.jpg


同様に縦横共に既定ファイルのフレームより小さなサイズを指定し(こちら)、その結果がこちら

ScreenToGif_0408_s.jpg


ScreenToGif_0409_Opera_20200330_04Gif_全体縮小.png



結果としてプロジェクトとしてのフレームサイズを、既定ファイルまたは追加キャプチャの最大フレームサイズに合わせて拡大し、フレームの内容は元ファイルでのサイズを変えずに(縦横比も変更せず)挿入しているのが分かります。

次回は異なるファイルの合併です。
posted by 鎌倉太郎 at 14:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください