2020年01月30日

綺麗な銀河・星雲(1173) - かじき座(Dorado)にある輝線星雲「タランチュラ星雲」【改訂】


今回の綺麗な銀河・星雲は、かじき座(Dorado)にある輝線星雲(Emission nebula)「タランチュラ星雲(Tarantula Nebula、NGC2070、Caldwell 103)」です(こちらこちら)。大マゼラン雲(Large Magellanic Cloud)のHII領域(H II region)にあります。


スピッツァー赤外線宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)による赤外線の2波長による画像


赤い領域は高温のガス、青い部分は星間塵(宇宙塵、Cosmic dust、Interstellar dust)で、白の領域では両方の波長を発しています。


スピッツァー赤外線宇宙望遠鏡による赤外線の3波長による画像


緑色は高温のガス、マゼンタ色(赤と青の組合せ)は星間塵で、白色は3つの波長を発しています。



「タランチュラ星雲」はこちらでも紹介しています。


スピッツァー宇宙望遠鏡は1月30日をもって運用を停止します。高精度の赤外線観測の為に冷却用のヘリウムを使っていましたが、2009年5月に底を突き最長波長での観測はできなくなっていました。それでも10年間も利用できる機能により活躍してきました。



【改訂】 2020年05月15日 15:50 埋込画像の差替え



posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください