2019年10月31日

日本語プログラミング言語「なでしこ」を使ってみる(9) - ダイアログ(3)


ダイアログで入力するデータの要求属性により、属性を意識した入力手段を用意している件の続きです。



入力項目の表形式で入力をする事ができます。例がこちら.

なでしこ_0901_s.jpg


コードで”操作メッセージに「入力件数:{入力件数}」を代入”の時点では、”{入力件数}”が表示すべき値になっている事に注意してください。


実行の状況がこちら

なでしこ_0901_Gif.gif



分類できる選択項目の場合、入力欄で絞込みの操作ができます(コードはこちら)

なでしこ_0902_s.jpg


実行の状況がこちら

なでしこ_0902_Gif.gif


入力欄への入力と”OK”クリックではなく、直接に選択項目をダブルクリックするとこちらの様な入力となるので、処理上で何らかの対応が必要です。

なでしこ_0902_xx_s.jpg



数値の入力欄にこちらの様に電卓機能を持たせる事ができます。

なでしこ_0903_s.jpg


実行の状況がこちら

なでしこ_0903_Gif.gif


posted by 鎌倉太郎 at 16:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | 体験利用-プログラミング言語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください