2019年05月23日

すばる望遠鏡の観測から、原始銀河団領域の星形成は自らの成長によると分かる


こちらの記事によると、すばる望遠鏡の補償光学装置と特殊なフィルターを駆使した新しい観測手法によって、110 億年前の宇宙に広がる銀河構造を解析した結果、原始銀河団領域の星形成は「銀河の合併(Galaxy merger)」などで大きくなったのではなく、自らの星形成で成長した事が分かったとの事です。


こちらは原始銀河団領域を基本に、星形成銀河の各々の精細画像を白枠内に拡大表示したものです。



従来の方法ではこちらの左画像になる所を、新しい観測手法で右画像の様に構造を明らかにできました。




posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください