2019年03月31日

綺麗な銀河・星雲(939) - おおぐま座(Ursa Major)にある初めて発見された重力レンズ効果の実例「ツインクエーサー(Twin Quasar)」


今回の綺麗な銀河・星雲は、おおぐま座(Ursa Major)にある初めて発見された重力レンズ(Gravitational lens)効果の実例「ツインクエーサー(Twin Quasar、Double Quasar、QSO 0957+561 A/B)」です(こちら)。



実際には1つのクエーサー(Quasar)が巨大な銀河「YGKOW G1」により双子の様に見えています。こちらに背後の光源(白点)と重力レンズとなる大質量源(青点)の位置による効果を示すアニメーションがあります。


白点が円になる場合を「アインシュタイン・リング(Einstein ring、Einstein–Chwolson ring、Chwolson ring)」と呼びます。



posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-魅惑の銀河・星座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください