2019年01月04日

AI技術を使った背景を透過にしてくれるWebサービス「remove.bg」


AI技術を使って何も指定条件を与えなくても、写真から人物画像部分を抽出し、背景を透過にしてくれるWebサービス「remove.bg」が登場しました。こちらから使う事ができます。

RemoveBg_Home_M_Squoosh_s.jpg



トップページにある通り、PC上のファイルを選択するか、画像のURLを指定します。これ以外の指定をしないで実行支持して数秒待つと、結果がこちらこちら(以下の画像は無料写真素材サイト『足成』から借用又は自写)で示されます(サーバー側のビジーで待ち行列に入る時があります)。

RemoveBg_14_Squoosh_s.jpg

RemoveBg_03_Squoosh_s.jpg



上掲の写真では非常に上手く抽出できていますが、黒っぽい衣服の背景にある黒い影とか、白い服の背後にある明るい光に照らされた背景などは区別が難しいようです(こちらこちら)。

RemoveBg_02_Edit_Squoosh_s.jpg


RemoveBg_26_Edit_Squoosh_s.jpg



以下に不満足な点を挙げますが、これは利用する時に用意する写真の選択又は結果の期待レベルで注意すべき事項として掲載しますので、アプリや技術を否定する意味ではない事に留意してください。


上掲のスマホでも見られますが、人物が持っている(操作している)物の判別ではAI知識の限界があるようです(こちら)。

RemoveBg_12_Edit_Squoosh_s.jpg



浮世絵で描かれた人物に適用しましたが、衣服は完全に認識していますが、顔や手などの様にほぼ一色になった部分は、顔や手などで人物としての複雑さがない認識になるようです(こちらこちら)。

RemoveBg_08_Edit_Squoosh_s.jpg


RemoveBg_07_Edit_Squoosh_s.jpg


一方で素足のAI認識が少ない為か、混乱がある様です(こちら)。

RemoveBg_10_Edit_Squoosh_s.jpg



尚、動物や銅像は「人物が見つけられない」というエラーになります(こちら)。

RemoveBg_18_Squoosh_s.jpg



AndroidタブレットでもChromeで利用できました(こちら)。

RemoveBg_Screenshot_20190104-163640_M_Squoosh_s.jpg



こちらのFAQによると、セキュリティを守るなどとしています。

 1.結果の画像は出力(ダウンロード)できますが、最大サイズは500×500pixels。この制限を引き上げる方法を検討中
 2.アップロードした写真をAI知識向上などに利用する事はない
 3.永久的に無料で現在のサービスを提供し続けたい
 4.結果を一時的に保存してダウンロードできるようにするが、約1時間後にはファイルを削除するし、画像を共有したり、このアプリ機能以外の目的で利用しない



実際に得られた結果の1つがこちら



ラベル:AI技術 remove.bg
posted by 鎌倉太郎 at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください