2018年12月06日

スペースX社のファルコン9ロケットでISSへ補給船を軌道に乗せる事は成功するも、ブースター回収に失敗


スペースX(SpaceX)社は「ファルコン9(Falcon 9 Block 5)」ロケットでISSへ補給物資輸送する「SpaceX Dragon」(ミッション:CRS-16、再利用船)を打ち上げました。補給船を軌道に投入する事は成功しましたが、第1段ブースターの回収に失敗しました。



打ち上げ時の映像がこちら。動画の22分50秒辺りが打ち上げ直前になります。ブースターに取り付けたカメラの映像では地表が見えてきた動画の30分10秒ぐらいまでは正常のようですが、その後ブースターは回転を始めました。



途中で映像は打ち切られていますが、大西洋に着水する様子が映像として捉えられていました(こちら)。



こちらではブースターの回転まで分ります。



人的被害や設備などへの影響がなかったのは幸いでした。フロリダの着地ポイントに回収するつもりだっとみられるので、ブースターが回転し始めた時に位置を緊急変更して着水にもって行ったのかは知りたい所です。

こちらのElon Muskツイートによると、落下ブースターの姿勢制御するグリッドフィン(Grid fin)の油圧ポンプが停止した為のようです。今後の原因解析が待たれます。



posted by 鎌倉太郎 at 18:42| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記-日本実験棟 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください