2018年11月01日

日本独自の衛星測位システム「みちびき」が運用開始


準天頂衛星「みちびき」の商用運用を11月1日から開始しました。日本独自の衛星測位システム「準天頂衛星システム」として、当面は4機体制で24時間の利用が可能になり、2023年には全7基体制にする予定です。



米国の衛星測位システムGPS(Global Positioning System)と互換性のある信号を発信しており、3基のうち1基はほぼ日本上空にあるので、ビルの谷間でも測位できる確率が高まります。


もう一つの特徴は測位が6㎝レベルの誤差に収まるほどの精度である事です。これにより農地の耕作などで自動運転に貢献できます。但しこのサービス利用には別途測定装置が必要です。

こちらに情報が集められています。活用事例がこちらに挙げられています。

測位システム「みちびき」_HP_s.png



posted by 鎌倉太郎 at 10:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください