2018年10月21日

宇宙のガンマ線発生源を結ぶ星座系で、「ゴジラ」や「富士山」を選定


フェルミガンマ線宇宙望遠鏡(Fermi Gamma-ray Space Telescope)の運用10周年を機会に、米・仏・独・伊・日本・スウェーデンなどの共同研究者たちにより宇宙のガンマ線発生源を結ぶ星座系「Fermi’s Gamma-ray Constellations」が作られました。


勿論、「トレミーの48星座」のような正式な星座系ではありませんが、宇宙のガンマ線研究者にとっては、ガンマ線発生源の位置を伝える良い手段になるでしょう。


実際に「Gamma-ray Constellations」として、合計21星座:
 ・Black Widow Spider(強力な毒を持つクモ)
 ・Fermi Bubbles(フェルミ望遠鏡で解析した銀河系の中心部上下にあるガンマ線放出構造)
 ・Colosseum(円形闘技場"コロッセオ")
 ・Eiffel Tower(エッフェル塔)
 ・Einstein(アルベルト・アインシュタイン)
 ・Fermi Satellite(フェルミガンマ線宇宙望遠鏡)
 ・Godzilla(恐竜「ゴジラ})
 ・Golden Gate( Bridge、ゴールデンゲート橋)
 ・Hulk(コミックヒーロー)
 ・The Little Prince(星の王子さま)
 ・Mjolnir(北欧神話に登場する神トールが持つ鎚)
 ・Mount Fuji(富士山)
 ・Castle(Neuschwanstein Castle、ドイツ南部の城)
 ・Obelisk(古代エジプトのオベリスク)
 ・Pharos(Lighthouse of Alexandria、七不思議の1つである灯台)
 ・Radio Telescope(電波望遠鏡)
 ・Saturn V Rocket(サターンVロケット)
 ・Schrödinger's Cat(シュレーディンガーの猫)
 ・Starship Enterprise(『スタートレック』に登場する架空の恒星間宇宙船)
 ・TARDIS(英国TV番組に登場する架空のタイムマシンで宇宙船)
 ・Vasa(スウェーデンの17世紀戦闘艦)
が挙げられています。 



こちらから「Fermi’s Gamma-ray Constellations」を見る事ができます。マウス操作で全空を移動できます。


Fermi’sGamma-rayConstell_01_s.png


左下の制御パネルで(こちら)、
 Sky Map:Gamma-rays
 Display:Gamma-ray Constellations
 Toggle:All Artworks
とするのが良いでしょう。

Fermi’sGamma-rayConstell_02_s.png


星座名をクリックすると説明ページになります(例えばこちら)。

Fermi’sGamma-rayConstell_03_s.png

右の星座一覧から各々の星座説明に移動できます。



posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください