2018年10月15日

米国で「SIMハイジャック」という、SIMカードを乗っ取る犯罪が頻発


米国で「SIMハイジャック」という、電話番号を登録するSIMカードを乗っ取る犯罪が頻発しています。こちらの記事によると犯行の手段は簡単で、ターゲットの個人情報を集めた上で(必要により電話キャリアの従業員に賄賂で)、電話会社をだまして自分の新しいSIMカードに電話番号を設定してもらいます(結果的にターゲットの人のSIMカードは無効になる)。



犯行は電話番号を使って遠距離への電話を掛けるのが目的ではなく、ランサムウェアと呼ばれるマルウェアに置けると同様に身代金請求をしたり(こちらの記事を参照)、2段階認証プログラムを使ってアカウントを乗っ取って仮想通過アカウントから大金を送金したりします(こちらの記事を参照)



日本の電話キャリアでの扱いはどうなっているのでしょうか。こちらの記事によると、電話キャリアは業務上過失として告訴されているので、チェックしておくべきでしょう。




posted by 鎌倉太郎 at 20:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください