2018年10月13日

チャンドラX線観測衛星が"Safe mode"に、システムは正常なので原因調査中


こちらの米国NASAの記事によると、チャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)が、"Safe mode"になりました。何らかの原因を検知してからの"Safe mode"になるプロセスはうまくいっており、システムや観測機器は正常です。しかし、"Safe mode"になった原因は調査中です。


ハッブル宇宙望遠鏡に続く故障ですが、宇宙空間で何か検知できていない異常現象があったのでしょうか・・・



posted by 鎌倉太郎 at 22:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください