2018年10月13日

ハッブル宇宙望遠鏡のジャイロスコープ不具合で、バックアップ・ジャイロスコープの評価中


こちらで投稿した通り、ハッブル宇宙望遠鏡はジャイロスコープの不具合で"Safe mode"になり運用を停止しています。こちらのレポートによると、現在も地上の運用チームにより再開の努力を続けています。




運用チームは、地上からの制御でバックアップ・ジャイロスコープをオンにして状態を評価しています。実際にジャイロスコープはハッブル宇宙望遠鏡の動きを適切に追跡していますが、ジャイロスコープの回転が適正な速度より常に高い報告をしています。これは微妙な調整が必要な時に、望遠鏡の小さな動きを報告できなくなるのです。

"Safe mode"のハッブル宇宙望遠鏡は、太陽電池パネルから必要な電力を供給できているのでジャイロスコープ以外は正常であるとの事です。



posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください