2018年09月16日

太陽観測衛星で記録した「Coronal rain」の珍しい動画


米国NASAは、こちらの映像を2013年に公開していましたが、今年5月に改めて紹介しています(こちら)。




これは「Coronal rain」と呼ばれる珍しい現象です。上掲の動画は、太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(Solar Dynamics Observatory、SDO)」が2012年7月19日にAIAという観測機器で記録したものです。

SDOは12秒で1枚の映像を撮る事ができます。1枚の映像を1つのフレームとし、約10時間分を上掲の動画としています。



こちらでSDOが太陽の状況を長い時間継続して記録し、上掲と同じ方法で編集して今年5月からライブ公開し始めましたから、恐らくそのフォローをしているのだと思いますが・・・


(繰り返しでしょう・・・)40分に1度ぐらいの割で「Coronal rain」を見る事ができます。



posted by 鎌倉太郎 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記-惑星探査 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください