2018年09月13日

多様な機能の画像編集ソフト「GIMP(Ver 2.10.6)」を使ってみる(14)


オープンソースで無料で使える画像編集ソフト「GIMP(the GNU Image Manipulation Program、Ver 2.10.6)」を使って、画像をWebページなどで活用するという操作の前回からの続きです。



前回はこちらまで作成し、イラストを付加する予定にしていました。




イラストをレイヤー上に画像として乗せる為、新しいレイヤーを作ります(こちら)。




イラストをファイルから読み込み、新しいレイヤーに画像として張り込みます(こちら)。



天守閣の背面にバランスを取るように縮小・移動し、「拡大・縮小」アイコンをクリックます(こちら)。



画像はフローティングレイヤ状態になっているので、右下の錨のアイコンで「フローティングレイヤーを固定」します(こちら)。




武将のイラストが薄いのは、新しいレイヤーを作る時に不透明度を100%にしていなかった為で、レイヤ―の一覧にある対応レイヤに対して右クリックメニューの「レイヤー名の変更」により変更します(こちら)。




こちらでレイヤの表示順序が期待通りでない場合、レイヤ―の一覧で順序を変更します(結果がこちら)。



メニュー「画像」→「画像の統合」とする(こちら)とこちらになります。


ステッカーとして(兜の御印は違うと思いますが)如何でしょうか。



武将のイラスト画像はこちらから借用しています。



posted by 鎌倉太郎 at 17:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください