2018年02月06日

第五日はスペイン・ガルシア地方にあるサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂


第五日はポルトガルから国境を越えて、スペイン・ガルシア地方にあるサンティアゴ・デ・コンポステーラに行きました。目的は当然大聖堂です(こちら)。




サンティアゴ・デ・コンポステーラは雨の多い土地だと言われましたが、"神のご加護"(?)か良く晴れた日だったのは幸いでした。スペインでは降雪を含む寒波に襲われていて、空港などで欠航が出るなどの報道もある中、冷たい風が吹く程度で済みました。


季節外れのせいなのか、商店は閉めている所が多く、人通りが少なめだとの事(こちら)。


お陰で時間通りの観光ができました。



大聖堂は残念ながら一部工事中でした(こちら)。




内部も聖ヤコブの祭壇頭上にはネットを張っていました(こちら)。




我々観光客としての訪問者には"神のご加護"は無いでしょうが、何組かの巡礼者を見かけましたので、彼ら・彼女らへのご加護を分けてもらったのでしょう、ポルトガルの旅行も無事に帰国できそうです。



posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記-ポルトガル旅行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください