2018年01月10日

ドローンを網で捕らえるドローンを商品化、小型の探査レーダーとの連携も


ドローンは安価で有効利用が可能であり、個人の趣味とも関係して良く利用されるようになりました。一方で、個人のプライバシーや公共施設でのセキュリティを乱す面もあり、法律や規制で利用範囲を限定するだけでなく、強制的に排除・撃退する方法も研究されていて、こちらこちらで紹介しています。

特に面白いと思っていた「ワシを使ってドローンを空中で捕獲」する手法は、プロジェクト中止になりました(こちら[オランダ語])。


一方いわゆる"Counter-Drone Market"では挑戦企業が多いようで、その1つの「Fortem Technologies」は、"DroneHunter"を商品化しました(こちら)。


この会社は最大3000mまで離れたドローンなどを検知できる小型探査レーダの会社を買収して、ドローンとの連携を図っています。


 
posted by 鎌倉太郎 at 13:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください