2017年11月21日

太陽系外からの来訪者「オウムアムア」


こちらの記事によると、観測史上初めての太陽系外からの来訪者、「オウムアムア(Oumuamua)」という愛称(正式には「1I/2017 U1」)の恒星間天体(Interstellar object)が注目されています。米ハワイ大などのチームが発見、「オウムアムア」はハワイ語で「最初の偵察者」という意味です。


観測データによると非常に細長いと考えられています。想像イラストがこちら


長さは最低で400m、岩石(と金属)とみられます。



今年10月19日に見つかりました。9月9日に太陽へ最接近、10月14日には地球に最接近して既に地球から離れつつあります。軌道はこちらの様になっていて、黄道の上からやってきた事になります。



 
posted by 鎌倉太郎 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください