2017年03月25日

自動運転車が路面の白線の引き方で停まるトラップ


こちらの映像で自動運転車が白線(実線と破線)の円内に入ったら、自動車が動かなくなるという事を示しています。

Autonomous Trap 001 from stml on Vimeo.




こちらの記事によると実際には自動運転車ではありません。「な~んだ!」と思われますが、路面での交通ルールとして、走行車線で破線+実線が並行して引かれている時、自動車から見て破線が内側にある時は外の車線に行けますが、逆の時は白線を超えて別の車線に行く事ができません。

このルールが単純に適用された時の課題を示している事になります。


もう一つ怖いのは、白線として塩を使っている事です。

例えば崖に向かって白線(実線を内側にして・・・)を引いた時です。しかも白線に証拠が残らないモノを使っていたら・・・街灯の無い雨天の夜間だったら・・・自動自動車は避ける事ができるのか。探偵小説のような完全犯罪を行う事ができるのか。


こんなトラップはこれからもっと出てきそうです。自動運転ができる技術開発を望んでいますが、想像していなかった事が提起されそうです。


 
posted by 鎌倉太郎 at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック