2016年10月19日

カナダ紅葉とシカゴの旅(27) - モン・トランブラン・リゾート(1)


カナダの紅葉・黄葉を鑑賞観光する時の起点としたのがモン・トランブラン・リゾート(Mont Tremblant Resort)でした(Google地図はこちら)。



近くにモン・トランブラン(Mont Tremblant)の町がありますが、モン・トランブラン・リゾートは冬のスキーを中心としたリゾートの為に作られた地域です。こちらがスキー場の様子、こちらは冬のトランブラン山(Mont Tremblant)です。





Google地図でトランブラン山を見ると、こちらの様にスキーコースが四方に向かっているのが分かります。




今回の旅行期間に当たる紅葉・黄葉の季節(9月下旬~10月上旬)は日本人が多く訪問します。実際にツアー会社に参加しているグループに何度も会いました。日本人グループの場合はゴンドラ・リフトで山頂まで上り付近の展望台などから眼下の紅葉・黄葉を楽しんだり、遊覧船で湖上から山や岸辺の紅葉・黄葉を楽しんで、次の紅葉・黄葉鑑賞地へ移動します。しかし、現地の人達の楽しみは、多くの人(特に若い人の多く)はハイキングとかジップライン(Zip-line)(こちら)や氷上のリュージュ(Luge)を模した「Skyline Luge」(こちら)です。




別途投稿予定の"最も軽い"ハイキングコースからは「Skyline Luge」を楽しんでいる様子も見る事ができました(こちらこちら)。



「Skyline Luge」のソリは手前に引くとブレーキがかかるようになっています。冬にはスキーヤーを運ぶリフトで人とソリを出発地点まで運び上げます。そりは利用者の持参ではなく、「Skyline Luge」の設備となっていて、利用者のリフト搭乗とは同期しないでスタッフが腰かけ下にセットしていました。



その他にも多種類のレクレーション設備が設けられ、付近にはゴルフコースもあって、年齢に関わらず楽しめるリゾート地になっています。勿論ホテルのプール・テニスコートなどを利用している人も多かった。


 
posted by 鎌倉太郎 at 16:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記-カナダの旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック