2016年10月04日

大隅良典 栄誉教授がノーベル生理学・医学賞を受賞


東京工業大学の大隅良典 栄誉教授が、「オートファジーの仕組みの解明」によりノーベル生理学・医学賞を受賞しました。おめでとうございます。




基礎的な研究は良い結果が出れば波及効果が大きい。チャレンジする人にとってはリスキーであっても、若い研究者は人がやらない大きな目標を目指して欲しい。勿論自分の能力と協力者などの環境も考慮しないといけないかも・・・



参考までにこれまでの日本人受賞者はこちら



 
posted by 鎌倉太郎 at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック