2016年08月16日

体操男子種目別跳馬で、白井健三選手が新技で銅メダル


体操男子種目別跳馬で、白井健三選手が銅メダルを獲得しました。



1本目は新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」で15.833点(全体の最高得点)、2本目は「ドリッグス」で15.066点となり、2本の平均をとる得点15.449点で第三位になりました。

新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」の演技がこちら


日本勢の跳馬でのメダル獲得は、ロサンゼルス大会(1984年)の森末慎二選手、具志堅幸司選手以来で、32年ぶりの快挙。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック