2016年07月31日

画像編集のWebアプリ「Pixlr Editor」を使ってみる(11)


前回はメニュー「調整」の内「明るさとコントラスト」を使ってみましたが、今回はメニュー「フィルター」を使います。「フィルター」についても私が普段に使うのは「・・・ぼかし」と「ピクセレート…」です。

何れも同じ目的で使いますが、使い分けたり両方を併用したりしています。


一列選択ツールで範囲を設定して、メニュー「フィルター」→「ガウシアンぼかし…」とします(こちら)。



ぼかし処理のプレビューを参照しながら「量」を調整します(こちら)。


この写真の様にぼかしを入れたい場所が多数ある場合に、現在使っているPCインストールしている画像ソフトでは、まず範囲指定を複数個設定してから一括してぼかし処理をする事ができます。通常はこのソフトで処理してから画像をアップロードしているのですが、時々一部のぼかし処理を見逃してしまう場合があり、1~2ヶ所へ「Pixlr Editor」を使う事で再度アップロードする必要がなく便利に使っています。



メニュー「フィルター」→「ピクセレート…」も同様に範囲を設定して(こちら)、プレビューを見ながらセルサイズを設定します(こちら)。




 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック