2016年07月13日

画像編集のWebアプリ「Pixlr Editor」を使ってみる(5)


今回はWebアプリ「Pixlr Editor」で「レイヤー」を使う画像編集です。

以前のほとんど何もない画像に戻って進めます(こちら)。




メニューの「レイヤー」→「新しいレイヤー」か、レイヤー・パネルのアイコンで(こちらを参照)、「背景」としての画像の上にレイヤーを設定します。キャンパスでの表示は何ら変わりませんが、レイヤー・パネルに「レイヤー1」として現れてきます(こちら)。




「レイヤー1」は透明設定になっています。「レイヤー1」にチェックが入っている状態でこちらの様に図形を付加します。


この状態で「レイヤー1」のチェックを外すと、描いた図形が表示されない事が分かります。



更に「レイヤー2」を作り、グラデーションで塗りつぶします(こちらこちら。グラデーションの詳細は別途試します・・・)。



結果がこちら




メニュー「レイヤー」→「レイヤーマスクを追加」とした後、ツールを使ってマスクとして複数の図形を組合わせて設定します(こちら)。


実際には"逆マスク"と言った方が良いかも知れません。最終的にテキストを加えた画像がこちら


追加したテキストも1つのレイヤーになりますので、「移動ツール」によりテキストの位置を自由に動かす事ができます。



次回もレイヤーに関する操作です。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック