2016年07月06日

画像編集のWebアプリ「Pixlr Editor」を使ってみる(4)


今回はWebアプリ「Pixlr Editor」で画像に多様な要素を付加する画像編集をします。



「Pixlr Editor」のツールボックスの機能を使って、実用的な例で試します。前回に作ったこちらの画像をベースにします。




先ず、「タイプツール」でテキストが付加できます(こちら)。


テキストの色を変更しています。



次に「描画ツール」で図形の描画を入れます。色を変えて(こちら)、ドラッグ&ドローで描画します(こちら)。




描画の重ね書きや「不透明度」の指定などで処理した結果がこちら




「描画ツール」を使って線を描きます。ツールボックス内の色変更し(こちら)、マニュアルで線を描き、更に「ペンシルツール」で波状の線を描画した結果がこちら



タイプを「Skeytchy」とし、不透明度なども変更しています。


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック