2016年07月02日

画像編集のWebアプリ「Pixlr Editor」を使ってみる(1)


ブログの投稿する記事で使う画像は、基本的にPCローカルで編集処理をした上で、オンライン共有ストレージに登録して参照できるようにしています。その際に画像の編集し忘れなどが発生した場合、GoogleドライブではPCローカルとほぼ同等の編集機能を備えたアプリ「Pixlr Editor」があり、再編集をオンラインストレージ上で処理しています。

これまでは「Pixlr Editor」の一部機能だけを使っていましたが、多様な機能を全般的に試行してみます。



Googleドライブに登録してある画像ファイルを編集するには、Googleドライブ上で対応の画像ファイルを開いた状態で、こちらの様にアプリ「Pixlr Editor」を起動します。



立ち上がった状態がこちら




しかし、今回はアプリ「Pixlr Editor」をブラウザで直接立ち上げて画像編集する事にします。

ブラウザにURL「https://pixlr.com/editor/」を指定します。立ち上げた所がこちら


多様な方法でファイルを開く事ができます。


「コンピュータから画像を開く」を選択すると、PCのファイルを編集できます(こちら)。



画像ファイルを開くと、Googleドライブ上で対応の画像ファイルを開いた場合と同じになっている事が分かります(こちら)。




また、Google画像検索で画像ファイルのURLを取得し、その画像を編集する事もできます(こちら)。




尚、初期メニューではなく、通常の「ファイル」選択のメニューからも同様な画像指定ができます(こちら)。




メニューの表示が日本語でない場合、「Language」から選択します(こちら)。




初期メニューで「新しい画像を作成 ・・・またはクリップボードからの画像を開始する」とありますが、(以前のバージョンではその選択のチェックボックスがあったようですが・・・)Windows10 Chromeでもできません(こちらを参照)。



 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用-画像編集ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック