2016年05月31日

グラフ作成サイト(1) - Statpedia【改訂】


オフィースソフト(例えば、Excelなど)やオンラインオフィースサービス(例えば、OneDrive、Googleドライブなど)でグラフの作成は容易にできます。特にWebサービスの場合共有もできるのは便利です。


グラフ作成に特化したサービスも多くあり、今回はサイト「Statpedia」を使ってみます。

こちらからアクセスします。


右上の「CREATE STAT」または「BUILD YOUR OWN」をクリックすると多様な体験ができますが、作成したグラフの共有機能を利用するには(無料)ユーザ登録する必要があります(画像としてダウンロードするには不要)。但し、ユーザ登録しログインして利用できるのはブラウザChromeのみで可能です。その際、登録操作の後半で
「Who would honestly be upset about an invitation to a free chart creation tool?」
との質問がありますが、自身のメールアドレスを入力すればOKです。



さて、「CREATE STAT」または「BUILD YOUR OWN」をクリックして表示するページで、簡単な例示があります。そのデータの最下部に「日本」のデータを入力した所がこちら(国名の日本語化も行った)。


その場でデータがグラフに反映されます。更に「STYLING」タブによりグラフのデザインを指定できます。ここでは棒グラフを選択し、「3D」と背景色および「日本」のグラフ色を赤に変更しています。




「SHARE LINK」によりこちらの様に共有ができ、「EMBED CODE」で埋め込みスクリプトを取得(下掲ではサイズ情報を変更している)できます。画像としてダウンロードする事もできます。


(注:この埋め込みはブラウザ「Pale Moon」で表示できません・・・?!)
「PUBLISH STAT」で全ユーザに公開できます。また、作成したグラフは(ログイン状態で)右上人型アイコンのプルダウンメニューの「Your Stats」から管理(編集・削除など)できます。

(埋め込みも含め)共有したグラフは、作成アカウントで表示を変えると編集操作をしたとして、直ちに変えた表示形式・内容になります。



CSVファイルによるデータの設定はできません。課題として、「Your Stats」からアクセスして編集した場合、一度は正しく反映されますが(全ユーザへ「PUBLISH STAT」した表示と不整合が発生し)、二度目の編集は巧く反映されないなどの不具合があるようです。



共有するグラフの表示ではブラウザによる問題は無いようですが、グラフ作成ステップでブラウザによって使えない機能があり、全ての機能を使えるのはChromeだけのようです。



【改訂】 2016年06月01日 04:20 表示及び操作に関する追記


 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック