2016年05月11日

「生誕300年記念 若冲展」に行ってきた


昨日(5月11日上野の)東京都美術館で開催している「生誕300年記念 若冲展」(開催期間:2016年4月22日~5月24日)に行ってきました(特設サイトはこちら)。


伊藤若冲については、その作品の精緻さとコミカルな表現から、テレビの美術番組で何度も取り上げられ良く知られるようになりました。お蔭で展示会は盛況・・・過ぎました!チケットを購入するまでが30分、入場の為の列に並んでから建物内に入るまでが1時間50分、更に建物内で30分待ちで漸く最初の作品を見られる様になりました。


こちらの写真は東京都美術館の裏側にある「旧東京音楽学校奏楽堂」付近で撮っていて、右の列が既に並んでいる人で、左は「嘘~!」と言いながら最後部に行く人です。




しかし、展示会自体は「動植綵絵(30幅)」(こちらこちらこちらはその内の「南天雄鶏図」)・「仙人掌群鶏図」(こちら)や「鳥獣花木図屏風」(こちら)を初め、代表作が並んで十分に堪能できました。





 
posted by 鎌倉太郎 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック