2016年04月29日

国土地理院が熊本地震対応でドローンを活用した映像・立体図を公開


国土地理院がドローンによる洪水・震災による危険個所を撮影して、こちらのYouTube「国土地理院動画チャンネル」にアップロードしています。第1が阿蘇大橋周辺の土砂崩れ(こちら)ですが、地割れなどの様子(こちらなど)も撮影しています。


報道メディアでは随分流用しているようです。救助・復旧対応でどのように使われているか判りませんが、今後も積極的にドローンを活用して公開して欲しい。



こちらでは動画以外にも、空撮写真から作成した立体図(WebGL 3D。こちら)も公開しています。




更にこちらでは広域の最新空中写真を高解像度で公開しています。



 
posted by 鎌倉太郎 at 15:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック