2016年04月10日

スペースX社のファルコン9が、洋上の艀へ第1段ロケットの回収に成功


スペースX(SpaceX)社のファルコン9(Falcon 9 Ver1.1)が、洋上でほぼ一定位置を保つ艀へ第1段ロケットの回収に軟着陸で成功しました(その瞬間の映像がこちら)。



国際宇宙ステーション(ISS)に荷物を届ける正規の目的がありますが、勿論それにも成功しつつあります(ISSに接近中の為・・・)。打ち上げからの映像はこちらです。



右上に映す打ち上げからの時間が2分33秒で第1段のエンジン停止、2分38秒で第1段ロケットを切り離しています。高度70㎞程です。8分8秒から第1段ロケットの着陸を監視する映像が始まり、8分37秒に着陸・エンジン停止しています。その後の映像を見ると明らかに艀は揺れていますが、ロケットは安定しているようです。

本体の状況をチェックした上で、今後の打ち上げに再利用を計画しています。目標は費用を100分の1にしようとしているので、第2段ロケット及び宇宙船を含めて少なくとも100回以上の打ち上げに反復利用する事になります。


 
posted by 鎌倉太郎 at 06:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック