2016年02月11日

軽量でFirefoxと同等機能を持つ「Pale Moon」を使ってみる(2)


「Pale Moon」はFirefoxのクローン・ブラウザと云われるだけあって、タブの形状が変わったFirefoxと言ってもいいでしょう。「Pale Moon」からWebページを参照している利用範囲で差はありませんし、「Firefox extensions/Add-ons」や「Sync」もサポートしています。

「Pale Moon」では「効率性と使い易さに焦点(focusing on efficiency and ease of use)」が強調されているので、各種メニューを確認します。



メニューバーのメニュー項目はほとんど同じですが、異なるのがツールバーの表示・非表示の指定です(こちら)。



関連して「ツール」→「Status bar option」(こちらを参照)では、内容の細かな指定もできます。




さて、Firefoxでは「タブグループ (Panorama) 機能はバージョン 45 で Firefox から削除されます」が、「Pale Moon」では同等の機能である「Pale Moon start page」を実装しています。「ツール」→「オプション」で「一般」と「タブ」から起動時及び新しいタブを開く時に利用選択ができます(こちら)。


起動時の指定は「一般」で「初期設定に戻す」事で可能となります。


「Pale Moon start page」はこちら


殆どが英語のサイトなので、初期状態としては追加・削除などによりかなり入れ替えが必要です。グループの追加・削除もできます。


グループの「Edit」モードではグループのアイコンが編集できたり、グループの簡単なデザイン変更もできます(こちらを参照)。


ドラッグ&ドロップでグループ内の任意の位置替えが可能など、そこまでも・・・というぐらいに色々と操作機能が用意されています。

更に左上の「≡」や「Copy of Start」でも、グループの列数を指定したりページの背景画像を変えるなど多くの機能がありますが、詳細は省略します。


 
ラベル:Pale Moon Firefox
posted by 鎌倉太郎 at 11:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 体験利用 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック